瀬戸内市の公共交通利用圏と人口分布の関係

2015年の国勢調査から、瀬戸内市(岡山県)の公共交通利用圏の人口カバー状況を表します。

世界測地系の500mメッシュを使っています。

公共交通利用圏は、国土数値情報の駅とバスのデータを利用しています。駅利用圏域は、鉄道駅より半径1kmの範囲が含まれているメッシュです。バス利用圏は、バス停より半径300mの範囲が含まれているメッシュです。

最新のデータを可視化する

テーマ 年次 出典 可視化する 全国を可視化する
公共交通利用圏と人口分布の関係 2015 国勢調査 瀬戸内市を可視化 全国を可視化

・データプレビュー

関連記事

  1. 外ヶ浜町の第3次産業の密度

  2. 嬉野市の第3次産業の密度

  3. 秩父別町の第3次産業の密度

  4. 港区の第2次産業の密度

  5. 本別町の高齢者人口

  6. 豊前市の人口総数

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント