狛江市の公共交通利用圏と働く場所との関係

2014年の経済センサスから、狛江市(東京都)の公共交通利用圏と従業者分布との関係を表します。

世界測地系の500mメッシュを使っています。

公共交通利用圏は、国土数値情報の駅とバスのデータを利用しています。駅利用圏域は、鉄道駅より半径1kmの範囲が含まれているメッシュです。バス利用圏は、バス停より半径300mの範囲が含まれているメッシュです。

最新のデータを可視化する

テーマ 年次 出典 可視化する 全国を可視化する
公共交通利用圏と働く場所との関係 2014 経済センサス 狛江市を可視化 全国を可視化

・データプレビュー

関連記事

  1. 嬉野市の第3次産業の密度

  2. 鮭川村の第3次産業の密度

  3. あわら市の通勤通学に公共交通を使う人の割合

  4. 玉東町の高齢者人口

  5. 大井町の高齢者人口

  6. 江田島市の第2次産業の密度

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント